SE(システムエンジニア)とは?仕事内容やおすすめの転職サイト・エージェントをご紹介します

\クリックで記事下のほうまで移動します/
もと子
もと子

SEってどんな職種なのかしら?
仕事内容とか、転職とか気になるわ〜

もとせ
もとせ

SE(システムエンジニア)っていうのは、お客様や社内のシステムを構築・保守する職業のこと。
5年くらいSEとして働いてたから、色々おしえるね!

「SE、システムエンジニアに就職・転職したいけど実際どうなの?」
「現役のSEだけど、転職とかってどうしたらいいの?」

そんな悩み、お持ちではないでしょうか。

確かにSEの仕事とか転職事情って、未経験だとわからないものです。営業とはまた違いますしね。

そこでこのサイトでは、SE(システムエンジニア)について5年働いていた私「もとせ」が解説します!

もとせ
もとせ

実際にSierで働いていた経験をもとに、いろいろお教えします!

これからSEになろうとしている方も、すでにSEで転職を考えている方もぜひ参考にしてくださいね。

 

SE(システムエンジニア)とは、お客様・自社内システムを構築保守する職業

SEの仕事は、お客様や自社内のシステムを構築保守することです。

構築→システムを組んで使えるようにすること
保守→構築したシステムが安定して稼動するようにメンテ・監視すること

そして重要なのが、基本的にシステムの構築保守は業務効率化を目的としているということです。

つまりシステム構築によって、どれだけ無駄な作業が減ったか・経費削減できたかということが重要になります。逆に言えば、特に業務効率化ができないのであれば無理にシステムを作る必要はないんです。

もちろんシステムの種類によっては、業務効率化以外を目的とするものもあるんですけどね。Salesforceなどの営業支援ツールは営業成績のアップを目的としていますし。

もとせ
もとせ

お客さんが求めるものは結局「システム入れるとお得かどうか」
つまりシステムで経費が削減できるか・売り上げが上がるかが重要なんだね。

 

システム構築による業務効率化を行う会社がSIer、プログラム製造を行うのが開発会社

そしてこのように「システム構築によってお客様の業務を効率化する」会社がSIer。システム開発における上流工程とも呼ばれます。

一方実際にコードを書いてプログラム製造をするのが開発会社です。開発会社のSEはプログラマという方が近いですね。こちらは下流工程と呼ばれます。

一般的にSEと呼ばれる職種は、SIerや開発会社で働くITエンジニアを指しています。

このサイトで説明するSEも、基本的にSIerや開発会社で働くシステムエンジニアが対象です。

もと子
もと子

会社の業務を効率化、ってことはSIerはBtoBなのね〜
※BtoB…対個人ではなく、会社同士でのビジネス

 

SIerは上流工程(要件定義・設計)と下流工程(プログラム製造)に分けられる

ちなみにSEも種類があり、上流工程(要件定義・設計)下流工程(プログラム製造)に分けられます。

上流工程・下流工程ともに自社内でカバーしているSIerもありますが、多くの会社は

上流工程のSIerが設計し、開発会社がプログラム製造を行う

という形をとっていますね。僕が働いていた会社もこのパターン(上流工程)でした。

もとせ
tもとせ

だから上流工程のSEはそんなにコード書かなかったりするんだよね。
もちろん知識としては必須だけど!

※ちなみに社内SEという「自社内でのシステム構築保守を行うITエンジニア」というのもあります

まとめ
  • SEの仕事はお客様や自社内のシステム構築/保守
  • システム構築によりお客様の業務効率化をする会社を「SIer」と呼ぶ
  • SEは上流工程(要件定義・設計)と下流工程(プログラム製造)に分けられる

 

SE(システムエンジニア)のお金事情。年収・給料はSIerの種類によってまちまち

SEに就職・転職する人が気になるであろう、お金の話。

年収・給料ってどうなの?て感じですよね。あんまり安いと転職する意味〜〜ってなりますし。

僕が実際にもらってた年収・給料も公開します!

もと子
もと子

薄給多忙だったらSEに転職しようなんて思わないもんね…気になる!

 

SEの年収は安すぎず高すぎず。日本でいう中間層

まずSE全体の年収・給料感としては、そこまで安すぎず超高給でもないというところ。ザ・中間層というレベルです。

飲食・サービス業よりは良いものの、商社や証券会社ほど給料は高くないという年収感ですね。

もとせ
もとせ

日本のSEで一番トップはNTTデータだけど、商社に比べると数百万円単位で給料低いです

 

SEの年収は会社の規模・残業によって大きく変わる

ちなみに僕の退職時年収は360万円結構低めですね…

これはそんなに大きくない会社だったということもありますが、他にも理由があります。

それは、その年度に残業があまり無かったから。SEの年収は残業時間によってかなり変わります。

今は残業代ちゃんと払ってくれる会社が多いので、残業が多いほど年収が上がります。

もとせ
もとせ

実際ぼくも3年目の方が年収高かったです…
※残業が多かったので

そのため、同じ会社でも人によって年収が100万円くらい変わってくることもザラなんですね。

 

高い年収・給料が欲しいなら規模の大きいSIerに転職しよう

これははっきり言えることですが、

高い年収・給料が欲しいなら規模大きめのSIerに行くべし!!

もと子
もと子

開発会社のSEじゃダメなの?
両方SEなんだし、そんなに変わらない気がするけど…

SEにはSIerと開発会社、2つのパターンがあると書きました。

コーディングやプログラミング技術を身に付けたいなら開発会社ですが、高い年収を得たいならSIer一択です!

理由は金額の決定権がSIerにある開発会社に対してSIerが発注側であるため。SIerの方が得られる利益が多いので、SEへの給料も高くなるんです。

もとせ
もとせ

下のシステム受注〜納品の流れを見るとなぜSIerの方が儲かるかよくわかるよ…!

システム開発の受注〜顧客への納品までの流れは以下のとおり。

  1. SIerが顧客とやりとりして受注金額を決める
  2. 受注金額の中から、開発会社に発注する
  3. 開発会社は発注された金額内でプログラムを製造・納品する
  4. SIerは納品されたプログラムを確認し、顧客にシステムを納品する

この流れを見ると、SIerが受注・発注金額を決めていることがわかりますね。

つまり顧客からいただくお金(売り上げ)も開発会社に発注するお金(経費)も決定権はSIerにあるんです!

会社の利益とはおおざっぱに言って「売り上げ-経費」ですから、そこをコントロールできるSIerはとても利益を得やすいというわけ。

その結果、SIerで働くSEへの給料も高くなるんですね。会社が儲かっていれば社員にもお金を多く渡せますし。

 

そして、会社の規模が大きくなるほど扱う案件の金額も上がります。ということは「売り上げ-経費」の額も大きくなり、社員への還元も多くなる!

これらを踏まえると、高い年収・給料を得たいなら規模の大きいSIerのSEになるべきという結論になるわけです。

まとめ
  • SE全体の年収/給料平均は中間層。安すぎず高すぎず
  • SEの年収は会社の規模や残業の有無でかなり変わる
  • 高い年収/給料が欲しいなら規模の大きいSIerに転職すべし

 

SE(システムエンジニア)の必須スキル。コード書かなくてもIT・プログラム知識は必要です

 

SE(システムエンジニア)の処世術。チームでの仕事なので上司との相性はかなり重要

 

 

SEの転職サイト・転職エージェントの選び方・ポイント

ここからはいよいよSEへの転職に役立つ、転職サイトやエージェントの選び方を解説していきます。

もう結論から言ってしまえば、大手転職サイト・エージェントは正義です。

求人数も企業としてのパワーもありますからね。書類審査だって大手転職エージェントが強いです。

しかしニッチな職種に関しては、特化型エージェントの方が良い転職へ導いてくれることもあるので大手と特化型を併用していきましょう。

 

求人の多い大手転職サイト・エージェントを選ぶ

もう一度言いますが、大手転職サイト・エージェントは正義です。大きいところは選ばれている理由があります。

何と言っても求人数が多い!求人数が多いということは、それだけ自分に合う会社・ホワイトな企業を見つけやすいということですからね。

そして大手エージェントは応募者を会社にゴリ押しする力も強いです。特化型の小さめのエージェントはどうしてもパワーが弱くなりがち。

最初の書類審査だって、大手エージェントの方が通る確率高いです。エージェントの能力・会社の力がそれだけ強いってことですね。

もとせ
もとせ

僕の元同僚はマイナビで年収100万円以上アップの転職に成功!
大手は紹介してくれる求人も堅実と好評価でした

 

特化型エージェントは補佐的に使う

求人数も少ない、応募者を企業に通す力も大手エージェントに劣る。

そんな特化型エージェントですが、利用する価値はあります。ただし、自分の希望職種に特化しているエージェントを使うこと。

例えば社内SEみたいにちょっとニッチな職種を狙いたいなら、大手より社内SE転職ナビのような特化型エージェントを使ったほうが効率が良いです。

もと子
もと子

求人数・パワーのある大手エージェントを使いつつ、
ニッチな職種に特化したエージェントを使うのが良いのね!

 

転職エージェントは、同時に利用するのはそれぞれ1つまで

転職エージェントの利用に関しては、大手と特化型それぞれ1つまでにしましょう。

理由は簡単。あまりに利用するエージェントを増やしすぎると、面接などスケジュールの管理が難しくなるからです。

大手転職エージェントはそれぞれ自社だけの「非公開求人」を持ってますが、案外その内容は被っていたりします。

つまり、大手はどこか一社登録しておけばOK。そこに特化型エージェントを追加して転職活動を行うくらいがちょうど良いのです。

もとせ
もとせ

この手法は転職に成功して年収アップした友人の実体験です!

 

SEにおすすめの転職サイトランキング

転職サイト1位:リクナビNEXT

おすすめの転職サイト1位はリクナビNEXT!これはもう圧倒的です。

何と言っても求人数日本一!転職決定者数もNo.1です。もちろん、僕も登録していました。

サイトやツールも使いやすく、さすがじゃらんとか運営してるリクルートならではですね。企業に体力があるため、サービスそのものを改善する余裕があるわけです。

もとせ
もとせ

他の転職サイト使ってもいいですけど、実際リクナビNEXT1本で十分です!

転職サイトに関しては、とりあえずリクナビNEXTに登録していれば良いでしょう。

 

SEにおすすめの転職エージェントランキング

転職エージェント1位:リクルートエージェント

こちらも1位はリクルート。最大手はやはり強い!

転職支援実績は驚異の41万人!!しかも非公開求人は10万件以上あります。

優秀なエージェントも多く、転職を有利に進めるなら必ず登録しておきたい転職エージェントですね。

もとせ
もとせ

エージェントと対話しながら、転職を有利に進めていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました